ダイビングスクール

HOME > ダイビングスクール > インストラクタープロコースご案内 > インストラクター開発コース

インストラクター開発コース(IDC)

PADIインストラクター開発の基礎となるのが、PADIコースディレクターの元で開催されるインストラクター開発コース(IDC)です。

このIDCはアシスタント・インストラクター(AI)コースと、オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター(OWSI)プログラムの2つから構成されています。
AIコース(最低3日間)とOWSIプログラム(最低4日間)を連続して組み合わせたものがIDC(7日間)となります。

アシスタント・インストラクター (AI)

PADIアシスタント・インストラクター・コースは、PADIインストラクター開発コース(IDC)の最初の一部です。このコースはPADIプロフェッショナルとして経験を得るだけでなく、PADIダイバー教育システムを学ぶ最初のステップでもあります。

[参加条件]
1. PADIダイブマスター、または他の指導団体でリーダシップ・レベルとして認定されている。
2. 18歳以上であること。
3. ナイト、ディープ、ナビを含めた、ログに記載されているダイブ経験本数が60本以上であること。
4. 認定ダイバーになってから6ヶ月以上経っていること。
5. 過去24ヶ月以内にCPRとファースト・エイドのトレーニングを受けていること。

オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター (OWSI)

PADI OWSIプログラムはPADIインストラクターになるための最終のステップです。このコース中、それぞれの生徒が必要としていることをPADIダイバー教育システムを使って適応させることを学びます。包括的なトレーニングと多様な教材を使い、同僚や生徒から多くの信頼も得ることになります。

このPADIオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクターは、PADIディスカバー・スクーバ・ダイビングからPADIダイブマスター・コースまで幅広い範囲に及ぶPADIプログラムを実施することができます。

[参加条件]
1. PADIアシスタント・インストラクターとして認定されているか、または他の指導団体で
 リーダーシップ・レベルとして認定されている 
2. 18歳以上であること。
3. ナイト、ディープ、ナビを含めた、ログに記載されているダイブ経験本数が60本以上であること。
4. 認定ダイバーになってから6ヶ月以上経っていること。
5. 過去24ヶ月以内にCPRとファースト・エイドのトレーニングを受けていること。
6. ダイビングに適した健康体であり、過去12ヶ月以内に行われたダイビング健康診断の
 PADI病歴/診断書を提出する。

ダイビングを申し込み

ページの先頭へ